2020年4月25日 (土)

ブレーメンの音楽隊

昔ばなしは、あまり知らないという娘。

いやいやそんなことはないでしょと

タイトルを次々あげても

本当に知らない様子。

グリム童話も???

6bcfa593e4c04151ab29864f553704a1

途中から、何となくあらすじを思い出したみたいだけど。

これは知ってるはず。

 

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ハリー・ポッターと賢者の石

やっと、やっと読み終えた

ハリー・ポッターと賢者の石

47e14181219c447b928c79a9d2ec2c1f

娘の読んでちょうだい!に付き合って

多分3か月ぐらいかかったかな。

本当は、秘密の部屋がいいと言っていたけれど

あるはずなのに探しても出てこなくて

仕方なく賢者の石を読み始めた。

布団に入ってから、あっという間に寝てしまうことも多く

ページをめくることなく終了の日もあった。

読み終える直前に、秘密の部屋が見つかってよかった。

長い長い3か月でした。

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

てんじょううらへようこそ

2月12日

作者のことばの、外国の物語に出てくる屋根裏部屋にあこがれて作ったお話というのがずっと印象に残っています。すっかり和風のお話になっているところが好きです。

| | コメント (0)

いやいやえん

ちゅーりっぷほいくえん

読みながら、おしいれのぼうけんのさくらほいくえんと似てると思って、途中何度も頭の中がちゅーりっぷほいくえんとさくらほいくえんを行ったり来たりしていた。

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

ちいさいおうち

2、3年ほど寝る前の読み聞かせをお休みしていたのですが、
しばらく前になぜか突然復活しました。
昨夜は「ちいさいおうち」

| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

クリスマスの本

Img_0553


この時期本屋さんに行くと、クリスマス関連の絵本が沢山並びますね。

おうちショップの時にふと思いついてクリスマスの絵本を飾ってみました。

集めると結構たくさんありました。

こうして図書館のように並べていたら、忘れている本も思い出し、娘も喜んでいる姿にこれって月ごとにとか季節ごとに変えるといいなと思ったのでした。

| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

「おらが町の昔っこ」と「賢くなるパズル」

Img_0101


最近の寝る前のおはなしは、久慈市の大川目昔語り集「おらが町の昔っこ」です。

以前住んでいた、久慈の大川目地区に伝わる昔話を録音し、書き起こしたもの。

このおはなしを聞きながら、数字ブロックのパズルを解いてから寝る日が続いています。

最初は一緒にパズルを解いていましたが、おとといあたりからゆいが一人で解けるようになりました。

Img_0103

一つのおはなしが2ページ程度で終わるので、一日に2つか3つ読んでいます。

**************

むがしむがし、あるところに・・・・・あったじょう。

・・・・・・・じょあ。

***************

この形で統一されていて、大川目の言葉で書かれています。

すらすら読めないところもありますが、知っている地名が出てくるので読んでいて懐かしくなります。


| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

こぶたのブルトン なつはプール

サイダーのプールにビールのプール、

本当にあったら入ってみたいよね。

こぶたのブルトン なつはプール

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

まがなった

まがなった

津軽弁の楽しい絵本です。

方言で書かれている絵本は他にもありますが、読み方に迷うことがよくあります。

これは、ローマ字で読み方とアクセントが書かれているので、確認しながら読めます。

アノラックがとっても懐かしかったです。

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

「黒ねこ亭とすてきな秘密」「バムとケロのもりのこや」

もう一年も前のことですが、もうすぐお引っ越しをするつれづれさんに会いに仙台へ出かけました。

とても楽しい時間を過ごし、そのうえたくさんのおみやげまでいただいて家に帰りました。

その中に、図書カードとお手紙も入っていて、「何か本をと思ったのですが選べませんでした」とあり、つれづれさんの優しい気持ちに、お手紙を読むたびにジ~ンとしてしまいました。

その図書カードを使って、仙台から帰ってわりとすぐに買ったのですが、なかなか紹介できなくて、今頃になってしまいました。

ブログで知り合ったお友達、長井理佳さん(kokoroさん)の黒ねこ亭2冊目『黒ねこ亭とすてきな秘密』と、バムケロシリーズの最新作『バムとケロのもりのこや』です。

もりのこやのほうは、ゆっぽんが好きで何度も読んでいますが、黒ねこ亭~の方は、読み始めるとすぐに寝てしまうので(ゆっぽんが)、途中まで読んでずっと寝かせたままにしていました。

しばらくたってから、また開き、一気に読んじゃったというわけです。黒ねこ亭の1冊目もkokoroさんが感じられる本でしたが、2冊目も更に楽しませてくれました。そして、どちらの表紙もステキなんですよ。

遅ればせながら、つれづれさんとkokoroさんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

黒ねこ亭とすてきな秘密 (物語の王国II-2)

バムとケロのもりのこや

| | コメント (0)

より以前の記事一覧